交換や修理

キッチンの水漏れは、蛇口やシンク下から発生していることがほとんどです。こうした水漏れは、パーツの緩みや劣化が原因と考えられます。そのため、パーツを締め直したり交換したりすることで修理できます。 蛇口のパーツはホームセンターなどで市販されているので、自分で修理することもできるのです。蛇口には、ハンドル式やレバー式など様々なタイプがあります。そのため、パーツの種類も数多く販売されています。購入するときに迷わないよう、事前に自宅のキッチンの蛇口のタイプを確認しておくことをお勧めします。 キッチンのシンク下には排水用のホースがあります。ここから水漏れしている場合は、排水ホースを新しいものに取り換えることで直せます。

蛇口の水漏れは、パッキンの劣化によるケースがよくあります。パッキンは、だいたい百円前後が平均的な価格です。パッキンは消耗品ですので、まとめて購入しておくと次に取り換える必要が出たときに便利です。他にも、可動部であるハンドルも劣化しやすいパーツです。ハンドルは数百円程度で販売されています。ハンドルも多くの種類が販売されていますので、使いやすい形状のハンドルを選ぶようにしましょう。 キッチンのシンク下の排水ホースは、千円前後で入手できます。シンク周りの構造のよっては、排水ホースだけでなくシンクの排水口ごと取り換えなければならないこともあります。パーツを購入する前に、シンク下の構造を確認しておくようにしましょう。